2019年9月2日月曜日

小舟/坂本慎太郎


発売前にMVが発表され聞いた。(その後7inchも届いた)

こんなに平易な言葉で今を射ぬける人は他にいない。


この国が悪くなっていくような感触を誰でも持っていると思う。
希望は持っていたいが閉塞感に抗えず、憂国モードにハマることも少なくない。
この夏はあいちトリエンナーレのことや日韓関係悪化もあって
昭和史、戦史の本を読み漁った。


そんな夏の終わりにこの曲を聞いて、
こんなアウトプットこそがアーティストの役割だった、とハッとした。

正攻法ではなく、思いもよらない視座で
様々なベクトルの気持ちを包めることが
詩や音楽であり、そういうことを忘れていた。
そして悶々とする気持ちを形にして
もらったことで安心するような気持ちにもなった。

この曲のモチーフになっている
悪化に対する傍観、または
ひっそりとした逃避は
特定のニュースに紐づくものではないけれど
聞く人がそれぞれ「完全に今だ(または少し近未来)」
と思えるほど広く皆の気持ちを
掬えているのではないか。

今のことを歌って生々しくならないのは、
未来から見た昔(=今)に向かって
語りかける仕組み※と
音のトーン(フョ〜ンという霊魂音)のせいか。
(※その発明のような今について語る構造は「ナマで踊ろう」以来だ)


「小舟」は未来から今への手紙だが、
B面の「未来の人へ」はその逆方向(今→未来)であり、
返信のように対になっている。

曲のスローさとギターソロには
カバーしたコーネリアス
「あなたがいるなら」とのつながりも思った。


確か99年頃、小山田氏がゆらゆら帝国の「3×3×3」
を推していて驚いた記憶がある。
異なるフィールドの表現者に思えた
両氏の音楽がこんな形で接近していることは、
両方ファンだった者としてはうれしい。

2019年8月22日木曜日

Cornelius Performs Point

東京・渋谷のBunkamuraオーチャードホール
『Cornelius Performs Point』に
参加してきました。

/////演奏/////

再発「Point」リマスター音源を
久しぶりに聞いた感想、
「もっとミニマルなイメージで
記憶してたが、実は結構ロックだった」
その感覚をさらに更新するように
ライブもDrumとBassが音源より
グルーヴ感あり大変よかったです。
「Bird Watching at Inner Forest」
初演は嬉しい。

1stと2ndからそれぞれ1曲ずつ。
コード進行、展開、
メロディがあること
自体が新鮮で、そういった
音楽のほうが色彩感があり、
今はモノトーン音楽の時代かと思う。


/////映像/////

「続コーネリアスのすべて」で
先輩方のインタビューを
読んでから見るのは格別。

中村勇吾さんは、
いったん仕組、設定を作ってしまえばOK
という割り切りの良い作り方
されてると気づき、
なるほど〜と唸りながら
新しい「SMOKE」や「いつかどこか」を見た。
疎密と速度の調整で
演奏を見ている時の
時間・空間感覚が変わる。
背景機能が強い。

辻川さんの映像は、
全部みているつもりだったけど、
ちゃんと音を拾っているのに
気づいてなかった部分を発見した。
音の触知感の認識→表現
のシステムが自分と少し違って、
少しまろやかめな形と速度感でアウトプット
されてるように思える。

久々に単独で作られたという
「メローイエローフィール」は
AA展で個人作家たちに影響されて
作ったそうで新たに敬意を感じる。

グルービジョンズの「未来の人へ」
などは、モノクロで具象的かつ
小ネタが満載。白黒の図と地がまじりあい
錯視的になる瞬間が面白い。

/////照明/////

色を映像から拾うだけでなく、
Audio Architectureでは線的、
Mind Wave Pt.2ではストロボ、
Brand-New Seasonでは秒針のように刻むなど
映像を補助してあまりある演出効果。
特に繊細だと感じたのは
Tone Twilight Zoneで、
映像の中の世界と、
実際に演奏者にあたる光源の位置を
一致させていたのが驚いた。
高田さんという方は
その筋では有名らしい。
「かなり練習して手動でやってて、細かい」
と小山田さん。

ネット上にほんの少ししか
情報が見つからずインタビューも
何もないので照明の方々というのは
名前をださず裏方に徹するのだろうか。


2019年1月2日水曜日

ロックン・ロール・マーチ



以下「Rock’n’Roll March」解説文は、
私、トゥーム霊田が映像制作者である大西景太
とのインタビューから彼自身の語りとして
まとめたものです。
(※1)
---

NHK「うたテクネ」をご覧いただいた方、

ありがとうございます。
大滝詠一追悼の意もこめて制作しました。
メイキングも放送されましたが、
以下セルフライナーノーツとして詳細に記します。
(映像より音楽の話ばかりになりました)



「うたテクネ」の企画の話をいただき、
MV以前の時代のどの曲を扱うか考えながら
色々聴いたとき、日本のポップスのほとんどは
「歌詞とメロディ」が主体の
情緒的なものだと改めて気づかされました。


そのような「歌詞とメロディ」だけでなく
「リズムとサウンド」をメインにした
歌もあったはずで、
そういった曲を扱いたいと思い、
行き着いたのが
今回の「ロックン・ロール・マーチ」でした。


「音の印象をアニメーションに変換する」
という自分の制作スタイルにも
あっていたこともあります。
あと単にこの周辺の音楽が好きです。(※2)


この曲について



大瀧詠一は大きくわけて2種の作風を持っており
ひとつは81年のヒットアルバム
「ロングバケーション」を代表とした
「メロディ路線」もうひとつは
1stソロ「びんぼう」などの
言葉遊びとリズムを主体にした「ノベルティ路線」です。


「ロックンロールマーチ」は後者の
路線をメインに構成された
といえる2ndソロアルバム「ナイアガラ・ムーン」
に収録されているものです。


セカンドラインドラミング



この楽曲に使われているリズムは
歌詞にも登場する「セカンドライン」
以下、大瀧詠一(多羅尾伴内)による
ライナーノーツより抜粋したものです。


“ニューオリンズ・サウンドの中核をなす「セカンド・ライン・ドラミング」
にはマーチの影響が多分にあります。セカンド・ラインとは葬式の帰り道、
ドンチャン騒ぎをしてもどることを言うのだそうで、
行進するところからマーチに関係が深いことも理解できます。(中略)
イントロ等で聴かれるセカンド・ライン・ドラミングは、林立夫のオリジナルです。”

Wikipediaによるとセカンドラインが

生まれた「ジャズ・フューネラル」と呼ばれる
葬儀パレードでは「墓地までのパレードでは
重々しい葬送歌を、その帰路では賑やかな曲
を演奏する」そうで、その演奏の明るさには
「魂が解放されて天国へ行くことを祝う」
(Celebrate Life After Death)という
意味があるようです。


現在でもとりわけ現地のミュージシャンが
亡くなった際に行われているようです。



詳しい歴史は知らないのですが
マーチとクラーベがあわさったような感じの、
カリブ海〜ラテンを感じさせるリズムです。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%99


ニューオリンズはアメリカ南部なので
死を明るく扱うことにおいて
メキシコの死者の祭などと
文化的な繋がりがあるのでしょうか



メキシコ雑貨です

















こうしたニューオリンズのリズムは
(ミーターズやDr.Johnなど)
「ナイアガラ・ムーン」だけでなく同時代の
細野晴臣/泰安洋行(1976)や
久保田麻琴と夕焼け楽団への影響があるようです。


ロックンロール



はっぴいえんどや大滝は、アルバムに
「Dedication List」を挙げるということをしますが、
この曲ではHuey Smithと
Bill Haley(と郷ひろみ)が掲載されています。
曲中、中間のロックンロール部分には
二人からの引用があるのでしょうか。
(ご存知の方は教えてください)
はっぴいえんど以前は
「変な動きでプレスリーのマネをする人」
という証言があります。





歌詞について



「足並み揃えて歩け」

大滝の愛したプレスリーの1960年映画主題歌
「G.I.ブルース」の日本語訳バージョンから
来ているらしき大滝発言があります。

最初からロックンロールと行進は
結びついていたということもいえます。
これをカバーした坂本九は’41年生まれで
大滝より7つ上、よりプレスリーの影響を
直接受けた世代なんだと思います。




「景気をつけろ 塩まいておくれ」
「雨が降ろが風吹こうが」

1952年「お祭りマンボ」からの引用があります。
作曲者の原六朗は明るい曲調を好み、
演歌の依頼を仮病をつかってまで断ったそうで、
その気質や曲調はクレージーキャッツなど
洋楽+和のコミカルな路線を狙った
大滝好みだったのかもしれません。





「GOGO」
郷ひろみのマネが入ってるそうです。


影響


「七拍酒/サケロックオールスターズ
この曲の間奏で
ドラムパターンを引用しています。
(2009年ライブ)



「ハッシャバイ/GUIRO」

名古屋のバンドGUIROの「ハッシャバイ」
は前述の「ナイアガラムーン」「泰安洋行」など
ニューオリンズ系+フォスター・エリントン
などアメリカ音楽を飲み込んだような面白い曲で、
冒頭「旅ゆけばのぞむ遥かなりスワニー」から
はじまる歌詞を含めてアメリカ南部へ
向かう行進、道行きを感じさせます。
「ゆくははるかニューオリンズ」に
通じるのではと思っています。


「ロックンロールマーチ/KEEPON」

2018年のカバー集「GO!GO!ARAGAIN」
に収録されている15才のミュージシャン
KEEPONによるアレンジは
「君は天然色」など多くの曲を
1曲の中に引用したり
Dedication Listをのせるなど
「ナイアガラ流」を継承していました。

というわけで、

(GUIROやKEEPONは入っていませんが)

Apple Musicにプレイリスト
「ゆくははるかニューオリンズ」
をつくってみました。

https://itunes.apple.com/jp/playlist/%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%B3%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%81/pl.u-mJy829EC478LY


映像について



葬送行進のリズム、ということで
葬送の主役に蘇っていただき、
歌ってもらっています。

パレードのお供は死者同様、
本来見えない音の化身たちです。
ほぼ全音を、音の印象ごとに
アニメーション化しています。(※3)




Cocktail Party in the Audio Architecture (2018)









室町時代からの「百鬼夜行絵巻」では

道具が100年を経ると化けて魂を得、
夜毎であるいて災厄をなす、ということがあります。

この付喪神たちの中には
ビワや琴など楽器の妖怪も多数いるため、
これを参考にしています。
モノが魂(anima)を得て動くことが
アニメーションということもあります。


絵巻の最後は火を吹く太陽に
魔物たちは調伏されます。
俗化して朝日表現になったが実は
尊勝陀羅尼の魔をはらう炎だということです。
映像では成仏するということにしています。
「図説:百鬼夜行をよむ」より


伝土佐信光 / 百鬼夜行絵巻












ほかに、ディズニー初期の
音楽同期アニメーションの源流といえる
「シリーシンフォニー」シリーズの中に
「クッキーカーニバル」という
異形の行進ものがあったり、(※4)
「スケルトンダンス」という作品があり
和洋折衷の行進、というイメージで作りました。

墓碑は「ホーンテッドマンション」です。








最後に


「迷った時は墓参りだよ」





















ということで。
ごあいさつしてきました。




瑞穂町図書館「大滝詠一コーナー」

































今年もよろしくおねがいします。

Special Thanks

Kyoko Kuramori

Masashi Kawamura
Satoshi Oda
Hayato Sone
Haruka Horii
Sota Yanagawa

(※1)ナイアガラ・ムーンのセルフライナーノーツのマネです。

大滝詠一が影響をうけたDr.John's Gumbo(1972年)というアルバムは
主に50年代のニューオリンズ音楽カバー集でDr.Johnによる解説がついていたため
ナイアガラムーンではそれを踏襲したと思われる。

(※2)ナイアガラ・ムーンが発売された1975年は

細野晴臣「トロピカルダンディ」鈴木茂「バンドワゴン 」
松本隆「木綿のハンカチーフ」が発表された年=
「1975年の惑星直列」(©️安田謙一/レコードコレクターズ)
ほかにもシュガーベイブ「SONGS」小坂忠「ほうろう」
久保田麻琴と夕焼け楽団「ハワイアンチャンプルー」も出た。

(※3)タムやフルートは省略しています。


(※4)YoutubeにあるCookie Carnivalにはニューオリンズの

ダーティダズンブラスバンドによる
Li'l Liza Janeの曲があてられているものがあります。
(非オリジナル)




2018年3月28日水曜日

パッヘルベルのカノン


このたび「名曲アルバム+(プラス)」から
「パッヘルベルのカノン」の
「カノン構造を視覚化する」
というお題を頂き映像を作りました。

ご覧頂けばわかるように
作ったつもりですが、
予習・復習するとより
楽しめるのではという思いから
簡単な解説ページを作ります。


「カノン」について

カノンとは


“複数の声部が同じ旋律を異なる時点から
それぞれ開始して演奏する様式の曲”
(wikipediaより)

かんたんに言うと、


"同じメロディーが少しずつずれて
重なっていく音楽のこと。
わかりやすい例としては
「かえるのがっしょう」など輪唱も
カノンの一種"

です。

カノンのなかでも
パッヘルベルのカノンは、
3つの声部が全く同じ旋律を追唱する
最もわかりやすいカノンと言えます。







-


(楽譜:同じフレーズがずれながら進む)

像化にあたって

以下のようなルールに基づいて作っています。


2小節ずつおくれて同じ旋律をたどる
3つのバイオリンを
3つの立方体の動きによって表現する。




この曲は4小節を1単位として
その音形(音の高さや長さ)が変化する。
この4小節を「1ステージ」と捉える。


2小節の通奏低音(伴奏)+
「4小節×10ステージ」の合計42小節
(※2)




各ステージの特徴

以下、10ある各ステージの特徴です。
パッヘルベルは明確な意図を持って
音の形を変えていると思われます。

「音の長さ/半音ごとの高さを表したMIDI譜」と
「各ステージ画像」の比較です。

(1)四分音符:下降する音形を階段として







 

 (2)八分音符:(1)の半分の長さ、2倍の速さで上
-










 (3)十六分音符:(1)の四分の一の長さ、4倍速さ
 














 (4)ロングトーン:氷の上をすべる。音が途切れる箇所はジャンプ

 









 (5)最も有名なフレーズ:音の動きが最も多い箇所






 





 




(6)間断:音符と休符の繰り返し/前後は交互に発音



 













(7)セパレート:上下に分かれるフレーズ/2ルートを交互に渡る















(8)繰り返し/同じ音が続く/上下動の少ない梯子状の道









 



(9)セパレート2:(7)に似た音形/二つに分かれ滑るように進む
-







 

 


(10) ロングトーン2:(4)に似た音形/ウォータースライダー











 



---

音楽について

3つのまったく旋律、ということを
認識しやすくするために
録音した1つの演奏を
コピー&ペーストし、
音の位置を右、中央、左に完全に分ける
という通常とらない手法で
ミキシングしていただきました。
「カノン原理主義MIX」です。



先行事例について

カノンの視覚化は
ノーマン・マクラレンの
「カノン」(1964年)
がマスターピースとして存在します。

ピタゴラスイッチ「アルゴリズム体操」
も影響下にあります。
今回、立方体を使っているのは
以下リンク(39秒から)部分のオマージュです。

Norman Mcraren「Canon」
「名曲アルバム+(プラス)」について

以下公式サイトから引用です。


クラシックやポップスなど、
世界の名曲をゆかりの地の風景映像に乗せて
5分間でお送りする「名曲アルバム」。
1976年に始まり40年以上つづくこの番組が、
「名曲アルバム+(プラス)」として
新たな映像・音楽体験を提供します。
名曲を独自の解釈と手法で映像化するのは
新進気鋭のクリエイターたち。
CGやアニメーションを駆使した
映像表現で名曲の世界を描き出します。
放送日程


330日(金)[総合]前1:301:45
木曜深夜

以上、誰でも知っている「名曲」をあらたに見直すことが
できたら幸いです。

おわり